#まこめしだいありー

食いしん坊銀座OLのちょっと背伸びした食レポ(自炊もするよ)

【低温調理器で鶏ハム】つっこむだけ!高たんぱく低脂質筋トレ飯:真空で作る絶品柔らか鶏ハムの作り方

気軽にシェアしてください٩( ‘ω’ )و

いえめし第二弾

また文明の利器に頼ってみました。

某広告系企業で忙しく人事企画OL生活してるんで、いかに早く簡単においしいものを作るのか、これに命かけてます

レシピ

用意するもの

材料

  • 鶏ムネ肉…2枚
  • 生姜(ペーストでもすりおろしてもOK)…適量
  • 料理酒…適量
  • 砂糖(肉を柔らかくしてくれる)…適量

器具

  • 低温調理器
  • 低温調理器についてる真空パックセット
  • キッチンペーパー数枚

さっそくつくっていく

所要時間は約2時間

処理時間は5分、かんたんですね

まず用意するものはこちら

おすすめ品、100g78円、安かったんですよ~

これをまず皮をはいで水ですすぎます

ざぁぁぁぁぁぁぁぁ

躊躇なく勢いよく洗います。

周りの臭みとかをとるために洗うよ。

皮をはぐのは、単純に余分な脂質削減

洗ったらキッチンペーパーで優しくふき取ります

いい光沢だ

はい、続いて調味料を用意

私は三温糖派

これを専用の真空パックにいれ、空気を抜くポンプみたいなんがついてくるはずなんでそれで専用の穴からせっせと空気を抜きます。20回くらいやればこんな感じになる。

★注意★

料理酒を入れすぎると、真空パックから空気を抜くとき、終盤その穴から液体が出てくることあり

神経質になりすぎず、「あぁまこめしでたまに出てくるって書いてあったな」くらい思い、液体が出ようともしっかり空気を抜こう

本当はここで1日冷蔵庫で寝かせるといいんだけど、そんなさ、今食べたいからさ、私、そのまま作ります。

低温調理器の準備

さて、低温調理器ですが。

このこはまじですごいよ。

火を使わず、電気で均一に水を温めるから、全体に均一に火が通ります。

Amazon Azrsty低温調理器

こちらのAzrstyを今回はAmazondで7999円で購入

安くていいんです。若干中国語表記で怪しさを感じつつも、わくわくと使用

鶏ハムは56~62度くらいで最短1.5時間、最長2.5時間でつくるのがおいしいみたいなので、

59.7℃で1時間50分にセット。

優等生なので無難に中間を選びます。

いざダイブ

セットしたらボタンを押す(タッチパネル式なので操作は鬼簡単)と、勝手にその温度になるまであっためてくれる

んで、その温度になると

「ぴぴぴぴぴぴ」

と教えてくれるので、いざダイブです

こうして

こうして

はい、完了

3ステップ!!!

この間に私はお風呂に入ります。

1時間50分あるので、私はまず帰宅してすぐ仕込んで、そのあと着替えたりリラックスします

~1時間50分経過~

さぁ、また「ぴぴぴぴぴ」と教えてくれました

様子をみてみよう

おおおおおいい感じだ

赤いドリップは上手にできている証拠なので安心してね

袋から取り出し、いざまな板へ

取り出した瞬間で分かった。

プルプルや、、、、こいつ、、、、、

今まで鶏ハム湯煎でかなりつくってきたけど、全然違う

期待値がぐっとあがる

わかりますかこのプルプルさ?!??!

私の切り方が雑で申し訳ないですが、ふつう鶏ハムってどうしてもパサついちゃうのよ、胸肉だし。

けどこの子はちがう。形も崩れず、すっと切れる!!

盛って食べる前に、食いしん坊なんで、つまみ食いしました。

初めての食感、柔らかさとジューシーさと、味の濃さと、従来の鶏ハムとの違いに驚愕

この時点で「定期使用決定」と全身が判定を下しました

低温かつ真空で肉にダメージを与えずに火入れしたことで、筋繊維が緊張せずリラックスした状態で調理できたことが優勝の要因だったのでは

タレなんてかけなくても、鶏本来の味が存分にたのしめるので、そのままで食べても十分楽しめます

■タレ

タレのレシピをついでに教えちゃうね

用意するもの

ネギ…みじん切りにしよう

ごま油…適量

砂糖、しょうゆ…適量

これらを好きな量小鉢にいれてかき混ぜれば完成

私の大好きなネギ香味ソース

私は生のネギ好きだからそのまま食べるけど、そのまま電子レンジで600W 1分あたためるとさらにあまくなるよ

ネギは加熱すると甘みが増すからね

めんどくなければ炒めると香ばしさが加わって最高

ぜひお試しあれ★

補足

真空パックがなくなったらここから買えるよ↓↓

真空パックセット ポンプ付

気軽にシェアしてください٩( ‘ω’ )و

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 #まこめしだいありー

テーマの著者 Anders Norén