#まこめしだいありー

食いしん坊銀座OLのちょっと背伸びした食レポ(自炊もするよ)

【目黒 / らんまる】目黒・不動前の絶品寿司!丁寧すぎる寿司を隠れ家で頂くならここ!

気軽にシェアしてください٩( ‘ω’ )و

今回はここ

不動前駅から5分程度歩くとあらわれる一軒の寿司屋「らんまる」

11:30からのランチには、15分前から予約客が遅れまいと列をなしている目黒の名店だ

11:30ぴったり、扉があけられ中から歓迎の声が聞こえる

そっとのれんをくぐる

店内

檜が香る店内は、カウンター10席のこじんまりとした空間

大将は2人

サーブしてくれる方が主婦の方で、ラフに話しかけてくれる。

私服でエプロンというのも、気楽に寿司を楽しめハードルが高くないと安心できるポイント

着物の女将がいるといい意味でも悪い意味でも背筋がのびちゃうからね

メニュー

ランチのコースは2種類

  • にぎり10巻、巻物、おわん…3,500円
  • にぎり14巻、巻物、おわん…6,000円

のおまかせにぎりコースだ

寿司を愛し、回転ずしで35皿食べたこともある私は、6,000円コースでお願いをした

あがりと、自家製のガリを頂きながらコースが始まるのを待つ

食感が楽しめるよう、ガリも2種類

甘酢でピリッとした生姜がのどをさわやかにし、寿司を欲する気分は最高潮に

コース

ここから一気に始まるよ

どんどんのせていくわ

のどぐろ

1ネタ目から衝撃が走るうまさ

なんだこれは

脂がのったのどぐろは少し炙られ、そこにすだちが少し香る

炙られた皮目が香ばしく鼻を抜け、すだちとのどぐろの香りの追いかけっこが始まる…!!

シャリも絶妙な硬さで、持った時は型崩れしないのに、口の中でほろろとほどける

寿司酢はマイルドな赤酢

寿司はカウンター上の皿に1つずつ置かれる

一品目からすごいのだしてくるわ…

かれい

こちらはカレイ

のどぐろのジューシーさから、一気に歯ごたえとさっぱりに引き戻される

隠された葱が後味をより爽やかにし、口の中で料理として完成する

まぐろ赤身

この赤身はもっちり界の新スターになり得る逸材

丁寧な隠し包丁が、職人の腕の良さを語っている…

このてかり…

しっとりもっちもちのまぐろの赤身、是非食べてほしい

中トロ

ここにきてマグロメドレーの開始です

お次は中トロ

赤身に見えるが、一口食べると先ほどとは別物、口の中でじゅわっとほどける

大トロ

ここででてくるか大トロォォォォォオオオ!!!!

え、やばくない??

え、わかる?このサシ

マグロにこんな部分あったん??

って目を見開いて大将に訴えかけたよね。

6,000円コースで大トロを、しかもこのタイミングで出してくるとは思わなくて、正味度胆抜かれました、はい

この大トロは、口の中で一瞬で消える

噛まなくていい

まじ歯がなくなっても大トロって食べれるやん

って体感できたくらい、口の体温で溶ける

マグロの旨味がつまった脂のヴェールに口内が包まれつつも

全くくどさをかんじない。

大将…大トロにどんな技をかけたんだい…

こはだ

大トロで脂のヴェールに包まれた私のお口をさっぱりと洗い流しにやってきたのがこちら、こはださん

酢でしめられたこはだは身がきゅっと引き締まり

鼻からふわっと酢がぬける

順番完璧ですわ

あまえび

こんなおかわりの衝動に駆られたことない

ってくらい衝動が抑えられなかったこちら、あまえび

いくらの親戚か?

と思うほど、噛んだ瞬間あまえびの凝縮した身がぶわっと飛び出してくる

こんな肉厚なあまえび、みたことねぇよ…

満足感半端ない、脇役とは呼ばせない存在感のあまえびだった

あおりいか

らんまるが匠の技が楽しめるとして親しまれる理由が一番わかる一品

こちら、あおりいか

普通、イカのお寿司って、隠し包丁ははいってるものの、

あの噛みごたえでのどに詰まりそうになる事、あるじゃない?

私イカ好きなんだけど、お寿司のネタのサイズでのあの噛みにくさがどうも 好きじゃなくて

あ~イカか~

位にしか思わず食べたんだけどさ、

度胆抜かれました(2回目)

これ、ほそ~く切ったイカを、たくさんシャリに乗せてるの

細く切る事で、イカの食感は損なうことなく、食べやすく格段に噛み切りやすくなる!

そして今回は醤油ではなく、塩とゆずをちょっとトッピング

塩でいただくことで、イカの甘味をあますことなく味わえるように

ほんと、、、匠すぎ、、、

いわし

こちらは

「いわしかほんとに?!」

と疑いたくなる脂ののり具合を発揮したいわし

このツヤ感、欲しい。

一口食べるといわしの常識を覆す。

咀嚼していると鼻から抜けるとっても香ばしい香り…

きくとこれは「あさつき」というもの

「ねぎよりも色が浅い(薄い)という由来があるそうな

にんにくやらっきょうのような香ばしい味が楽しめるとして愛されている

最初、寿司にガーリックいれてる?!

と大将の斬新さに驚いた私、勉強不足はずかしいぃ

じゅわっと溢れ出すいわし脂をとくと堪能あれ

ほっき貝

こちらはほっき貝

貝の臭みゼロ

柔らかさと歯ごたえを兼ね備える。

魚介貝の牛タンだな

と噛みながら思っていた

しめさば

美しすぎるこちらはしめさば

どのアングルから撮っても美しい

しめさばを薄くスライスし、2枚重ねたこちらは

しっとりもっちり、きっとしめさば嫌いも好きになる事間違いなしの絶品具合

アラ

こちらは「アラ」と言って、高級魚クエの仲間

仲間というか、九州で生まれたアラが、本州めがけて上へのぼっていくと「クエ」になるらしい

味はさすが高級魚

上品な甘さと、しっかりとした歯ごたえがたまらん

最初大将に「アラ」って言われて、

「???」

と何か聞かれるとおもい待機していた私、恥ずかしいぃ

いくら

ここにきてのいくら

はちきれんばかりのいくらは、口の中で一斉に弾ける

一つ一つの味が濃く、それを香り高い海苔がまとめている

噛む瞬間は絶対に口を開けないで

ほんっとに活きがいいいくらだよここ

うに

おまたせしました

手づかみウニです

この量!!!

〆で最高たたき出してきたよ

だからトップ画にもしちゃったよ…

このウニ、ただ者じゃないの

めっちゃ味がしみてて、濃厚すぎる。

漬けてたのかな!?

岩手のウニみたい。

生クリームの代わりになるんじゃないかって位クリーミーで

口の体温で一瞬で液体に

これでもかと乗せてくれる大将の計らいにも匠の技を感じる

おわん

さて。

14品終わりました。

温かいあがりと一緒に、あおさ汁が

まってなにこれ運ばれてくる時からめっちゃいい匂い

甲殻類を炒めてだしを取ったような香ばしさ

一口すすると、ビスクのように濃厚!

量は少しなのに、蟹鍋でも食べたかのような満足感

巻物

最後にこの量の巻物!!

サービスすごすぎ

こぼれんばかりに詰められたまぐろをきゅきゅっと上手に巻いたこちらは、一口サイズでとっても食べやすい

ほぼマグロなので、お腹いっぱいでも食べれるよ

マグロも切り落としみたいなんじゃなくて、中トロ

私良い個所もらったんかなぁ!笑

と思ったらこれたくさん作って切り分けてるやつだからみんなに入ってるわ

やっぱサービス桁違いや

■まとめ

接客:3.8

味:4.0

雰囲気:3.6

コスパ:3.9

消費税やサービス税もかからず、6,000円ぽっきりでたのしめるこちらは

ネタレベルに対しての価格が鬼コスパ良い

接客は、大将も女将さんもめっちゃいい人だったんだけど

接客のおじいちゃんがおつりめっちゃ間違えて、帰り際にこちらから申告するまで気づかないし対応も

え??

みたいな感じでびっくりした笑

いい気分だったからちょっと残念だったかな><

まぁけどさ、バイトだとしてもさ、お店の看板背負ってるわけで、

おじいちゃんにしっかりお金管理教えてあげて~~!!笑

■補足

食べログ 4.08 (2019/7/1 現在)top 500

全然予約とれないらしい

とにかく電話するしかない!

何度も紹介してるけど、オートリザーブ、で簡単に代行依頼できるから、自力に頼らず、どんどん依頼してみよ!

オートリザーブについてのまとめ記事はこちら★

1時間15分でランチは回転するシステム

この時間でも十分満足できるから、安心して!

すぐ近くに、鮨りんだっていう食べログ 3.88の姉妹店あり

そちらにもTRYしてみてね!

はああああ

本当に満足感髙い寿司ランチだった

ぜひ不動前でまったりランチしてみてね♪

近くの鰻屋がとっても気になったので、次はそこにいってみようかなあ♪

以上!

気軽にシェアしてください٩( ‘ω’ )و

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 #まこめしだいありー

テーマの著者 Anders Norén