#まこめしだいありー

食いしん坊銀座OLのちょっと背伸びした食レポ(自炊もするよ)

【銀座 / 日月火】モダンな空間で板前料理を。落ち着いた雰囲気でゆっくり楽しめる和食。予約方法は?

気軽にシェアしてください٩( ‘ω’ )و

今回はここ。

「日月火」の画像検索結果

(参考画像:食べログ

なにやら空間がすごそうな板前料理の頂けるお店。

早速中に入る

席に通されると、照明も雰囲気が素敵な半個室の席

ここ、ほとんどがのれんのかかった半個室で、落ち着いて話をするにはとてもいい感じ

今回はコースを頼んでいるので、そちらのメニューをみてみる

コース

今回はこちらのコースを

しっかりとしたコース

まずは乾杯のスパークリングワインを頂きながら、一日の疲れを洗い流す

いや~~~~~~~~~~~~

沁みるね

先付

そうこうしているうちに早速先付が出てきた

岩手産、鴨のロース煮と新アスパラガスの焼き葱ソース掛け

文字見た瞬間から、

「好きなものしか入ってない」

感動しつつ一口

火を通すことで甘くなった葱が鼻をものすごいスピードでかけぬける

そこに新アスパラの柔らかな甘み、鴨肉の甘み、と、様々な甘みが加わりたくさんの種類の甘味を楽しめる一品

上にのったマスカットがほのかな酸味を運んでくれる

ちらされた金箔がより春らしさを誘う

前菜

こちらも目に美しい前菜の盛り合わせ

もうね、器もかわいいしね、雰囲気めっちゃいいわここ

左からこんなかんじの前菜たち

  • 蕗(フキ)と鯛子の煮浸し
  • 蛸(たこ)の桜煮
  • こごみの利休和え
  • 牛蒡(ゴボウ)と桜独活(ウド)のかんざし串
  • 白魚の袱紗焼き(ふくさやき)
  • 板前寿司 巻きずし2巻

こってるね、漢字がむずかしいよ。

一個ずつ説明していくよ

まず鯛子とは、真鯛の子供のこと。

小鯛とは別物だからややこしいよね…

ちなみに小鯛は、小さい鯛のこと、成長しても小さいままの鯛のことよん

んで、桜煮ってのは、たこのあしを酒・しょうゆ・みりん・砂糖などでやわらかく煮た料理のこと

たこ料理にしか使わないよ!

知ったかぶりして、「鶏の桜煮つくったぁ~~」とか書いちゃうと嘘がばれちゃうからね、気を付けて!!

んでもって次は…利休和えか

これが面白くてさ、

千利休がごまを好んだから、ゴマをつかった和え物を利休和えっていうらしいんだよね

和え物の名前にもなっちゃう利休、どんだけだ

そして次は袱紗(ふくさ)焼き

ふわっと半熟程度に仕上げたやわらかい卵料理のことをいうみたい

今回はこの画像の真ん中あたりにある

緑のこごみの下の白いのが、白魚の袱紗焼きだよ

ふわっとしてて、卵の白身を泡立てて作っているような、そんなふわっとした口当たりだった!

そんなこんなで大充実の前菜を、おいしい地ビールと一緒に味わっていたら続いての料理が登場

お椀

地蛤のお吸い物

あ~~~~~

美しい

蛤のお吸い物って、ほんのり乳白色になって、すごいきれいだよね

乳白色って色も、なんかいいよね

貝には、疲れがとれる魔法があるみたいに感じる

こんなに落ち着くのはなんでだろう?

お造り

続いてお刺身

マグロや鯛など、その日に仕入れた旬の産地直送鮮度抜群なお刺身が登場

このさ~~~

穂紫蘇(ほじそ)

っていう、咲きかけのシソの穂を醤油に落としてたべると絶品なのよね

私的に穂紫蘇でてきたら

「おっこの店好き!!」

ってなる(単純)

合肴

はいでました蕪(かぶら)蒸し

この時期の和食と言えば蕪蒸し

今回は。煮穴子の湯葉蕪蒸しで登場

ふわっふわの煮穴子が全体に味を風味をつけてくれる

もし「蕪蒸しってなんやねん」

って人は、私の過去の投稿でおべんきょしてね★

ちなみに…

タイトルの合肴(あいざかな)ですが

焼き物と煮物の間に蒸し物や揚げ物を出す場合に使われる日本料理の名称だよん

この記事、お勉強になるでしょ^^笑

 主菜

はいきたメイン

オリーブだけ食べて育った和牛のステーキと、鮑(アワビ)のステーキ

コースのステーキってさ、あんま期待しないんだけど

これほんっとおいしかった

しっかり火もはいっているのにジューシー

じゅわっと肉汁とあまい脂が噛むほどに染み出てきて幸せが口いっぱいに広がる

そしてぷりっぷりのアワビも

シンプルに醤油ベースで味付られたアワビは、牛肉に負けず劣らずの噛み応えと幸福感を私にくれる

添えられているエリンギや、マンゴージュレ

も、いい箸休め!

食事

食事の締めは、土鍋ごはん

しらすとオリーブを炊き上げたごはん

オリーブ??

と思い、一口

これはうまい

よくチーズとか生ハムに添えられてるオリーブは全然好きじゃないからいままで食べてこなかったんだけど、

かすかにオリーブからオイルが出てるのか、しっとりとした舌触りでほのかにいい香りがするの

しらすもひとつずつ小さいながらもいい味を出していて、これは美味しいぞ、ともりもり食べ進める

ラストスパートも食べる勢いは変わりません

そうこうしてるうちに、お味噌汁も登場

赤だしが最高

大好きなお漬物を頂きながら、大満足の3品

ごはんとお漬物とお味噌汁って、究極のごはんだよね

甘味

今回は一緒に行った人のお祝いをするためにデザートプレートも用意してもらったよ!

このケーキがおいしかった…

生クリームは甘すぎず、盛りだくさんのフルーツが最高

ちなみに、

写真撮り忘れたけど、普通のデザートは

みかんのジュレだった!

すっきりした甘さで、締めに最高であった

■まとめ

接客:3.6

味:3.8

雰囲気:4.0

最初は、ちょっとイメージだけしっかりした居酒屋なのかな?と店の雰囲気みておもったんだけど、

全然そんなことなくて、食事も大満足だった!

お酒もいろんな地酒がそろってて、

ビール好きな私にとってはわくわくな店

日本庭園も連想させる店内、雰囲気が本当によかった!

■補足

予約方法はネット予約が便利

公式でも食べログでも、なんでも予約できるよん!

もちろん電話でも。

一休が特典とかもあるみたいだし、要チェック!

んだらば

以上!!!

気軽にシェアしてください٩( ‘ω’ )و

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 #まこめしだいありー

テーマの著者 Anders Norén